じいちゃんの火うちばこ

■商品説明

じいちゃんの火 うちばこは、なんてふしぎだったんだろう!

作者が幼いころに暮らした山奥の村。山林保護官として生きたじいちゃんと孫である「ぼく」の、雄大な山々とともにある生活。いたずらなキツネとの交流、じいちゃんが大切に使っていた火をつける道具・火うちばこの思い出。1950年代ごろの中国北部、内モンゴル自治区中央部に連なる大青山山脈を舞台に、詩情あふれる風景をノスタルジックに描いた1冊。

2014 IBBYオナーリスト選出作品。

文/徐魯
詩人、作家、出版人、現在は湖北省作家協会副主席。出版された詩集や散文集は60冊余り。全国優秀児童文学賞、中国図書賞、国家図書賞、冰心児童図書賞、陳伯吹児童文学賞、台湾「みんなが読んだ良書」の年間良書賞などを受賞。

絵/朱成梁
中国の絵本作家、中国美術家協会会員。情熱的に絵本製作に取り組み、国内外で受賞多数。『うさぎの提灯』で第4回野間国際絵本原画コンクール佳作。ニューヨーク・タイムズ2011年度絵本ベスト10、ニューヨーク公立図書館2 011年度児童書ベスト10 0入選。
他に『チュンチエ 中国のおしょうがつ』(光村教育図書)。

訳/黒金祥一
1981年、京都府に生まれる。立命館大学文学部文学科中国文学専攻卒業。産業翻訳の仕事を中心に活動している。やまねこ翻訳クラブ会員。中国文学のすばらしさを世に広めることが目標。

¥ 1,620 (税込)

在庫 在庫有り

レビューを書く



レビューを書く



レビューをもっと読む



閉じる

前へ 次へ